機能改善 【受付票発行機能 仕様変更のお知らせ】 「受付票発行機能」の仕様変更を行ない、受付票を常に発行することになりました。 詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ 【ATNDイベントデータ取り込み機能のお知らせ】 connpass に ATND で公開されているイベントデータの取り込み機能があることをご存知でしたか? 是非 connpass に取り込んで、運営コミュニティの歴史を消さないようにしましょう!詳しい内容・取り込み手順はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

May

10

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka

Hashtag :#DevTour
Registration info

一般

Free

FCFS
29/30

Description

5/17のOracle Java Day Tokyo 2018にあわせて、米国のJavaユーザを代表する2人の技術者が、今年も日本をバイクで周りながら各地のJUGとともに勉強会を開催します。今年は九州出発、熊本につぐ開催です。

例年どおり、Stephen、Sebastianのセッションは通訳はありませんが、楽しみながらご参加いただける内容です。お気兼ねなく、お気軽にご参加ください!

開催:5月10日(木) 19:00-21:00(開場:18:30)

会場:日本オラクル株式会社西日本支社 九州オフィス セミナールーム

アジェンダ&セッション概要:

JDKリリースモデル変更とJava EEのオープン化/Eclipse Foundationへの移行 <20min>

講師: 伊藤 敬 / 日本オラクル株式会社

昨年9月、Java SE 9とJava EE 8の提供開始と合わせて、今後のJavaの方向性に関わる大きな発表が2つありました。このセッションではその2つの発表 - JDKリリースモデル変更とJava EEのEclipse Foundationへの移行、EE4Jプロジェクトの設立について、その内容をご説明します。

Get ready for a cloud native, service-meshed Java EE <40min>

講師: Sebastian Daschner / Java Champion

Java EE、クラウド・ネイティブとサービス・メッシュ?なんだかしっくりきませんね。 モダンでクラウドネイティブなJavaベースのエンタープライズアプリケーションでスケーラビリティやモニタリング、トレーシング、ルーティングへの不安を払拭することは可能でしょうか? 自らによるそれらの実装なしに?もしそれができたとして、どうやったらできるのでしょう? このセッションでは、モダンでクラウド・ネイティブであり、かつJava EE 8やMicoroprofileを活用したJava EEアプリケーションの構築についてご紹介します。ライブコーディングによってKubernetesとIstioで管理されるアプリケーションのメッシュをご覧いただきます。よく懸念の対象となる、管理やモニタリング、トレーシングなどを無駄のない方法で統合していきます。 どのようにクラウドネイティブ・テクノロジーが従来の我々が利用してきたスタックと統合され、いかにコンテナ・オーケストレーションやサービス・メッシュがJava EEテクノロジーとうまく融合するかをお見せします。全てをライブコーディングと解説とでご覧いただきます。

Decrypting Tech Hype for the Busy Coder(いそがしい開発者のための技術トレンド解説)<40min>

講師: Stephen Chin / Oracle Corporation

新しいテクノロジー・トレンド、開発手法、開発ツールは毎日のように登場しています。もしあなたがそれらを活用しなければ、あなたには[Depricated][レガシー][時代遅れ]などのタグが付与されるでしょう。 このセッションでは、ブロックチェーン、チャットボット、AI、機械学習、CIパイプライン、マイクロサービス、Dockerコンテナ等々の最新トレンドをわかりやすく端的に解説します。 この40分で、あなたはソーシャルニュースに投稿する人たちよりも詳しくなります。ツイートを見て物事を知る、なんていうこともなくなるでしょう。是非ご参加ください!

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

kis

kis published Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka.

04/11/2018 17:14

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka を公開しました!

Group

Javaコミュ@福岡

Number of events 12

Members 175

Ended

2018/05/10(Thu)

19:00
21:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2018/04/11(Wed) 17:14 〜
2018/05/10(Thu) 21:00

Location

日本オラクル株式会社 九州支社 セミナールーム

福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル 8F

Organizer

Attendees(29)

leather_sole

leather_sole

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

DmitryRatushnyy

DmitryRatushnyy

I joined Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka!

toenobu

toenobu

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

Matsuzaki

Matsuzaki

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

akimicyu

akimicyu

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

youhei

youhei

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

myura

myura

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka に参加を申し込みました!

スクィーラ

スクィーラ

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuokaに参加を申し込みました!

Me

Me

I joined Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka!

kis

kis

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuokaに参加を申し込みました!

Attendees (29)

Canceled (2)